windows server 2016 リモートデスクトップ 接続できない 認証エラー

Windows10のパソコンからリモートデスクトップ接続で、サーバーへ接続すると、認証エラーとなり接続ができない症状が発生します。エラーは以下のメッセージになります。 「認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません」 WinRMのネゴシエート認証エラーを解決する f i t A : 2018-06-30 C : 0 件のコメント Windows Server 2016 / 2012R2 のサーバーマネージャーにおいて、WinRMのネゴシエート認証エラーが発生しサーバーにアクセスできない場合の原因と解決策です。 リモートデスクトップ接続で、認証エラー(要求された関数はサポートされません)が発生した場合の対処. Windows10のリモートデスクトップが接続できないときの対処法について解説します。Windows10のリモートデスクトップが接続できないときは、原因を特定することで対処法も確認できます。また認証エラーの確認方法も解説しています。 Windows Server 2016を導入している環境も多くなっています。本記事では2016をデフォルトの状態より使いやすくするための設定12項目をまとめました。インストールしたばかりで使い方が良くわからないという場合にオススメです。 リモートデスクトップ接続先の方が、Windows Updateが古い(2018年5月以前。セキュリティレベルが低い)の場合、 このリモートデスクトップ接続出来ない、認証エラー(CredSSP暗号化オラクルの修復問題)が発生します。 2018年5月のWindows Update以後、リモートデスクトップ利用時に、以下のようなエラーメッセージが表示され、接続できない 2018年5月の Windows Update をインストールするとリモートデスクトップ接続でエラーが発生し、接続できなくなることがあります。 ===== リモート デスクトップ接続 [Content] 認証エラーが発生しました。 要求された関数はサポートされていません どうしてもサーバ側の設定を弄ることが出来ない場合は、クライアント側のローカルグループポリシーの設定を変更することで、リモートデスクトップ接続を可能にすることが出来ます。

リモート デスクトップが 「 接続できない 」 要因として以下の項目が考えられます。 それぞれの項目を順に確認し、通信改善を試してください。 Windows 標準の「リモートデスクトップ」の接続先(=接続される側・ホスト)にはなれないシステム環境である リモートデスクトップ(RDP接続)がある日突然、 「認証エラーが発生しました」「CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります」「要求された関数はサポートされていません」「この関数に提供されたトークンは無効です」 などのエラーで接続できなくなったときの対処方法です。 事象. とりあえず、これでリモートデスクトップ接続出来るはず。 クライアント側で暫定対応する場合. Windows Server 2016でリモートデスクトップ接続を有効化する方法を紹介します。よくあるミスや接続できないときに見直すべきトラブルシューティング項目をまとめました。

最近、リモートデスクトップ認証サーバーに多数のイベントレコードが表示されました 4105 警告メッセージ,次の: リモートデスクトップ承認サーバーをActive Directoryドメインにすることはできません “xxx.com.tw” ユーザーの “ビル” 認可属性を更新する。