ping コマンド ipアドレス


pingコマンド ネットワーク上のリモートホストにデータ(パケット)が送れるか疎通確認をする -- 文法 -- ping (オプション) ホスト名、又はIPアドレス 例) ping IPアドレスまたは、ホスト名 ネットワ プロエンジニアの【コマンドプロンプトでネットワーク状況確認!ipconfigとpingの使い方】ページです。エンジニアの正社員求人情報、フリーランス案件情報を探すならインターノウスのプロエンジニアへ! コマンドプロンプト [ping]:IPパケットが到達するか確認する - ICMP(Internet Control Message Protocol)を使用してIPパケットが正常に到達しているかを確認する。IPでの接続が正常かどうかを確認するために使われる。 pingコマンドの構文は以下のとおりです。 C:\>ping ホスト名を指定すると、DNSサーバに問い合わせてホスト名に対するIPアドレスを自動的に取得し、そのIPアドレスへICMPエコーリクエストを送信します。 ping -f -l 1472 -n 1 ホスト名(IPアドレス) ping -f -l 1473 -n 1 ホスト名(IPアドレス) 【説明】-fオプションで、IPフラグメントを禁止。-lオプションでデータサイズを指定。 1472バイトで応答があり、1473バイトでエラー(Packet needs to be fragmented but DF set.)