line pay ポイント支払い

LINE Payのポイント制度が2020年5月1日より大幅に変更になり、公式クレジットカードである「Visa LINE Payクレジットカード」を作らない人のポイント還元率が0%に変更になります。現時点でLINE Payを利用中の方はくれぐれもご注意ください。 line payの支払いにlineポイントを利用する方法です。2018年2月19日より、line payの支払いにlineポイントが使えるようになりました。以前までは、lineポイントをline payの決済時に利用する場合は、lineポイント 2020年5月1日から、LINE Point Club(ポイントクラブ)が始まりました。 それまでは「マイカラー」でした。 これに伴い、 LINE Payでの決済が、最低0.5%だった還元率が、0%になって しまいました。 LINE Payの支払い方法による還元率の違いについて、まとめてみました。 LINE Pay(ラインペイ)の特徴の一つとして「請求書支払い」というのがあります。【公式サイト】より公共料金や通販で買った請求書、コンビニに持って行って納めることが多いですが、LINE Payなら手元で決済ができます。いちいち、コンビニに

LINE Payでは、LINEポイントでも支払えますが、LINE Pay残高に交換して支払った方がお得になります。(2019年の12月末で、LINEポイントからLINE Pay残高への交換は終了しました。) Payトクなどのキャンペーンで、LINEポイントでの支払いでは還元はつきませんが、LINE Pay残高に交換して… 『line pay』へ残高をチャージして支払いをする度に<支払い金額×0.5~2%>のlineポイントが付与されていましたが、「lineポイントクラブ」への変更に伴い5月から『line pay』の残高から支払いした際のlineポイント還元率が無し(0%)になります。 ※最終更新日:2020年5月1日(金)2020年4月下旬より順次、Visa LINE Payクレジットカードの一般申込みが開始します。カードがお手元に届いたら、スマートフォンを操作し、LINE Payサービス内でお支払い方法に登録していただきます。Visa LINE Payクレジットカードのご line payカードはチャージ式のプリペイドカードですが、これまではlineポイントをそのまま決済に使うことができませんでした。 2020年2月12日からはline payカードの支払いにも、lineポイントが使えるようになり、さらに便利に!