WordPress 外部画像 取り込み

WordPress(ワードプレス)で外部サイトからアイキャッチ画像を取り込みたい場合は、プラグインの「Remote Images Grabber」を使用すると便利。「Remote Images Grabber」は画像のURLを入れるだけでWordPressにその画像をアップロードすることができる。 WordPressの認証に関して. ここは画像をクリックした際にリンクする url を指定できます。初期状態では画像の url がそのまま指定されています。好きな url に変更することが可能ですので、外部サイトへのバナーとして使ったり、広告のような感覚でも使えます。 wordpress投稿内でのリンクの貼り方についてお伝えしています。他サイトのページのリンクを貼る方法、同サイトのページのリンクを貼る方法に分けて紹介しているので参考にしてみてください。 。外部も内部もこれでOK!

WordPressで使用する画像に圧縮処理をしたいけど、どのようなプラグインを使えばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。この記事では、画像圧縮ができるプラグインをできるだけご紹介しています。圧縮効率などにも触れていますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。 まず、外部からWordPressに投稿するには、認証の設定をする必要があります。 認証の種類は、以下の3つがあります。 クッキー認証; OAuth 認証; アプリケーションパスワードまたはベーシック認証 3連休ですがいつも通り更新です。暇なものでして。今日はWordPressの小ネタです。一見凄く使えそうですが、使い方に気を付けたほうがいい、みたいなTips。任意のファイルを外部だろうが内部だろうが読み込むショートコードです。

WordPressでmp4ファイルなどの動画をアップロードする方法をご紹介します。その際に、とても簡単に自動再生や繰り返し再生が設定できちゃいます。1つ注意しておきたいのは、タイトルに『PCで自動再生 & 繰り返し再生』と『PC』に Tweet; Pocket; WordPress を使用することで初心者でも簡単に見映えのよいコンテンツを作成することができる。そして読者の理解を深めてコンテンツに満足してもらうためにも、画像は欠かせないものだ。 WordPressサイトの一部の記事を移転するなら、プラグイン「DeMomentSomTres Export」を使ってエクスポート機能を拡張しましょう。画像も同時に移転できるので、数クリックで引っ越し作業が完了し … ここは画像をクリックした際にリンクする url を指定できます。初期状態では画像の url がそのまま指定されています。好きな url に変更することが可能ですので、外部サイトへのバナーとして使ったり、広告のような感覚でも使えます。 WordPressで使用する画像に圧縮処理をしたいけど、どのようなプラグインを使えばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。この記事では、画像圧縮ができるプラグインをできるだけご紹介しています。圧縮効率などにも触れていますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。