Word タブ 種類

Wordで理解しやすい文書を作成するには、読み手が意味を把握しやすいように体裁(レイアウト)を整えることが大切です。その際に活用できる機能として、「インデント」「タブ」の使い方を覚えておきましょう。 1 準備 画面の変 […]

ワードのタブ機能の基本的な使い方からちょっとしてテクニックまでを詳しく解説していきます。タブ幅の設定・解除、タブの種類を紹介しています。タブ機能を使いこなして文面を綺麗に整えましょう。 Wordの文書には、キーボードにはない記号や特殊文字を入力することができます。これらの記号や特殊文字は、リボンの「挿入」タブにある「記号と特殊文字」のグリッドドロップダウン メニューを使用し …

[タブ位置] で、タブ位置を設定する場所を入力します。 [種類] で、目的のタブ位置の種類をクリックします。 タブ位置にドットを追加する、または別の種類のリーダーを追加するには、[リーダー] で目的の種類のリーダーをクリックします。 2つ目の方法は、「フォント」ダイアログから文字にいろいろな種類の下線をつけます。 Office365のWord画面上部に表示されるリボンの「ホーム」タブに表示されるフォントの設定画面の矢印(↘)をクリックします。 「フォント」ダイアログが表示されます。

図形で描くと、種類や太さも自由に設定できますし、長さも自由に変更できます。 しかし、文章(紙)から浮いた状態になるので、編集している最中に変な場所へ移動していることがあるかも・・・。 [挿入]タブ → [図形]をクリック 。 Word(ワード)2007を身につけるため初心者でもわかりやすいように解説しているWord(ワード)入門サイトです。Word(ワード)2007の基本操作から隠れた機能まで幅広く解説していきます。