VBA COUNTIFS 高速化


Excel関数のCOUNTIFS関数をVBAで高速にする方法をご説明します。 COUNTIFS関数はデータ量が増えると非常に処理、再計算の処理時間が長くなってしまいます。 この「重たい関数」のCOUNTIFSの処理を高速でVBAで再現したいと思います。 「Dictionary」を使用する事で、非常に高速に出来ます。
エクセルマクロで大量データを処理すると、マクロの処理が遅かったり、重くなってしまったりします。 たとえば、1000行を超えるデータを扱うとなると、処理に10分以上かかってしまうこともあります。 この記事では、エクセルマクロのプログラムを高速で処理する方法を紹介します。 ExcelのVBA(マクロ)でCountIfを使用して条件に合ったセルを数える方法をご紹介します。VBAのCountIfの基本から空白以外のセルをカウントしたり、重複を判別する方法も合わせて解説しています。サンプルコード付きです。

検証した環境 エクセルvbaにて、重複データ処理の高速化を実施したいのですが、いい方法はありますでしょうか?g列に10000文字が入力されており、重複データがあった場合は、g列入力文字の後ろに(1)、(2)、(3)と重複回数を追加し、g列の同じセル 配列化を行うことで、vbaマクロの実行時間を大幅に減らすこと出来ました。 配列化は比較的簡単に実装できるプログラム高速化の一つですので、積極的に利用してみてください。 今回はexcel関数の「sumifs」をvbaで高速化する方法をご説明します。 excelのsumifs関数は、複数の条件を指定して合計を算出する関数です。 vlookup関数やcountif関数同様に、sumifs関数もデータ量が多いと処理時間が長くなります。 そこで、vbaで高速化する方法をご説明します。 ExcelのVBA(マクロ)でCountIfを使用して条件に合ったセルを数える方法をご紹介します。VBAのCountIfの基本から空白以外のセルをカウントしたり、重複を判別する方法も合わせて解説しています。サンプルコード付きです。 これはもう、高速化テクニックでは鉄板です。しかも、劇的な速度向上になります。使わない手はない。それは、VBAからワークシート関数を呼び出すテクニックです。. VBA関数以外に、Excelワークシート関数をマクロVBAで使うことが出来ます、ワークシート関数は、VBA関数よりはるかに多くの関数があるので、ぜひ活用したいところです。。ワークシート関数を使う事で、VBAコードを非常に簡潔に記述することが出来る場合が多いものです。 大量データ処理において、一般的な速度対策をやってさえ、時に何時間もかかってしまう事があります、そういう場合でも、多くの場合は何らかの対策があるものです、個別のロジックの記述でこれらに対応する方法として、一つの有効なマクロvbaコ-ドについて解説します。 Excel VBAで While文やFOR文を使用してループさせ、行、列をカウントアップして、 大量のデータをセルに 直接書き込む 。. ExcelVBA記事を掲載しているWEBサイトは「やさしいExcelVBA」をご覧ください。 高速化Excelアドインは「VLOOKUP関数」をこちらです。 今回はCOUNTIF関数の高速化について書きたいと思います。 1.COUNTIF関数とは Excelの中でも、VLOOKUP関数同様に、使用される頻度の高い関数の一つかなと思 … 「excel vba vlookupの高速化」 そのほかcountif関数、sumif関数、複数条件のvlookup関数等も高速化した記事があります。 ロジックはバカの一つ覚えとなっていますが、サンプルファイルもdlできますので、参考にしてみてください。 8.処理速度計測結果とまとめ この「 直接書き込む 」を「 レコードセット 」で書き込むことで、 約5倍速く なったので、検証結果とサンプルコード。. 長々とお付き合い頂きありがとうございます。今回こそ「Excelが大きい、重い現象を解消するワザ!」最終回でございます。前回ご紹介しきれなかった「12、不要な数式を削除してみる。数式を見直してみる。」について続きを解説させて頂きます。 カテゴ

また「vba高速化"テクニック"」と言っていますが、本来であれば"テクニック"以前の問題が多いです。たいてい私に「田中さん、マクロが遅いので見てください」と質問されるときは「そもそも、なんでそんなコード書くの?」というマクロばかりです。

マクロvbaが遅い・重いという相談が非常に多いので、遅い・重いマクロvbaを高速化・速度対策する場合の具体的な手順をここに解説・検証します。マクロvbaの速度に関する記事は既にいくつか書いています。特に、以下はぜひお読みください。 現在最新のExcel 2016には約480個のワークシート関数があります。