Office 2013 カスタムインストール

Office 2016 をサイレントインストールする目的カスタムインストールをすることで初回起動時のスプラッシュ画面を非表示にしたり、MAK ライセンス キーを埋め込んだり、必要ない Office の機能 (OneDrive や Skype

Office 2010 以前のバージョンの場合、一部のアプリケーションやコンポーネントのみインストールしたり、削除したりできます。(Office 2013 では個別の選択ができなくなりました。) 例えば、以下のようなことが可能です。

Office 2013 をダウンロードしてインストールする方法です。ここでは、PowerPoint 2013 をダウンロードしてインストールする例を記載します。 プリインストールされた Office 2013 を使えるようにする方法については、次のサポート記事をご参照ください:

カスタムインストールのようですが、誰が設定したかは不明です。 office2003インストールDVDが見当たらず、使用するのはexcelとwordのみなので、 アップグレード優待パッケージ等ではなく、office personal 2013(パッケージ版)を購入しまし こんにちは。 再インストールについて、どこのページをご覧になっているのでしょう。 Office 2013 の場合、購入 PC に付属でプレインストールされていた製品と、別途購入したパッケージ版の製品では、再インストールする方法が異なっています。 重要: Office スイート製品をインストールした後に、Office プログラムを個別に削除することはできません。 Office を完全にアンインストールし、上記のカスタム インストールの手順を使用して再インストールする必要があります。 Office カスタマイズ ツールは、数百または数千のコンピューターに Office をインストールする展開プロセスの一部です。 The Office Customization Tool is part of the deployment process for installing Office on hundreds or thousands of computers. Office 2016 のアプリケーションを選択的にインストール 2016/01/24 Windows 版の Office 2016 は、現時点でクイック実 (Click to Run: C2R) 形式しかありません。 Office 2013 は Office 365 ProPlus やパッケージ製品は C2R 形式で

Office 2013をインストールします。 Office 2013のインストール Office 2013のメディアを挿入します。インストーラーが自動起動します。下図のスプラッシュウィンドウが表示されます。 下図の[マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項]のダイアログが表示されます。 インストール手順 もし既にPCにOffice製品がインストールされていても、同じ製品をインストールするのであれば手動でアンインストールする必要はありません。 (反対に、違う製品をインストールするなら既にインストールされているOffice製品は一旦アンインストールしてください。 Office をインストールする方法は、各製品タイプで異なります。いずれのタイプかご確認ください。 また、Office をご購入いただき、お使いになるまでの設定方法は、製品によって異なりますので、事前にこちらの Office 購入ガイド をご確認ください。 Office2010・2013 professional plusで、自動インストールするために必要な設定についてです。複数端末に同じ設定でインストールする時に大きな力を発揮します。マイクロソフトの解説では、オフィスカスタマイズツール(OC Microsoft Office カスタマイズツールが起動し、ファイルを作るかどうか聞かれるので、新規作成を選ぶ。 しばらく待っていると、開く。 以下、一つずつみていく。 インストール先と組織名 では、デフォルトのインストール先と、組織名の事前入力 Office 2016 のアプリケーションを選択的にインストール 2016/01/24 Windows 版の Office 2016 は、現時点でクイック実⾏ (Click to Run: C2R) 形式しかありません。 Office 2013 は Office 365 ProPlus やパッケージ製品は C2R 形式で、MSDN サブスクリプションお Office をインストールする方法は、各製品タイプで異なります。いずれのタイプかご確認ください。 また、Office をご購入いただき、お使いになるまでの設定方法は、製品によって異なりますので、事前にこちらの Office 購入ガイド をご確認ください。