Ifconfig IPv6 設定


ifconfigコマンドを使ってネットワークアダプタのIPアドレスを設定することができる。

IPv6 対応の netfilter を設定するには IPv4 ... を Freenet6 から提供されたものに変更するだけで十分です。プレフィックスを探すには ifconfig コマンドの出力から tun インターフェースを含むブロックを参照 …
ifconfigコマンドは、カーネルに認識されているネットワークインターフェースの設定や現在の設定内容を表示するコマンドです。 ifconfigコマンド 書式 ifconfig オプション up指定したインターフェースを起動(有効)にします。 down指定したインターフェースを停止(無効)にします。 ifconfig は、ioctl の拡張セットを使用して、IPv4 と IPv6 の両方のネットワークインタフェースを設定します。 次に、IPv6 操作をサポートする ifconfig オプションについて説明します。 $ ifconfig アダプタ名 up. 例えばwlan0を有効にする場合は次のコマンドだ。 $ ifconfig wlan0 up.

IPv6が使えるようにしておくこと。 <アドレスの確認方法> Globalが2つ、Link Localが1つ設定されていることが分かる。 IPv6のループバックアドレスは、::1となっている。 IPv6を利用しているはずなのにインターネットの回線が遅いと感じてはいないでしょうか。ここでは単にIPv6にしただけでは回線速度の改善が図れないケースをいくつか取り上げて、回線が遅くなる原因について解説しています。また、回線が遅い場合の対処法についてもご紹介します。 CentOS6.4でIPv6アドレスを設定する際の覚書です。既にIPv4アドレスが割り振られており、その上からIPv6アドレスを設定するデュアルスタックを想定した設定方法です。また、IPv6の仕様上、アドレスを自動設定するなども可能なのです IPv6のアドレスを変更する場合は,「inet6: ... また,設定・起動・停止時には必ずインタフェースを指定する必要がある。 ... 現在動作中のネットワーク・インターフェースを参照する $ /sbin/ifconfig eth0 … IPv6 アドレスの場合、3 行目には、IPv6 の in.ndpd デーモンが MAC アドレスから生成したリンクローカルアドレスが表示されます。 例 8-1 ifconfig コマンドからのインタフェース基本情報 # ifconfig eth0 192.168.11.100 # ifconfig eth0 up # echo "nameserver 192.168.11.1" >> resolv.conf # echo "nameserver 8.8.8.8" >> resolv.conf あとがき "静的IP"と"固定IP"の違いがよくわかってないのですが、自分はなんとなく、設定ファイルで設定した場合は"静的IP"、それ以外(DHCPやコマンドとか)は固定IPと呼んでます。 そこで、ifconfig コマンドに eth0 と引数をつけて実行した結果です。inet6 アドレスと書かれているところが x60 の eth0 に設定されている IPv6 のアドレスになります。IPv4 の IP アドレスは設定されていませんが問題ありません。 この値は通常、 (IP アドレスに対応する) クラス A,B,C の ネットマスクがデフォルトで設定 されるが、値を指定することも可能である。 add addr/prefixlen IPv6 アドレスをインタフェースに追加する。 del addr/prefixlen IPv6 アドレスをインタフェースから削除する。 ifconfig LANインタフェース名 IPアドレス LANインタフェースのIPアドレス設定が間違っている場合は,ifconfigコマンドを使って新しいIPアドレスに設定を変更できます。このときに,ネットマスクやブロードキャスト・アドレスも一緒に設定します。 Linuxのifconfigコマンドを使うことでネットワークの現在の状態を確認したり、設定を行ったりすることができます。 ifconfigコマンドの書式 ifconfigコマンドの書式は以下の通りです… IPv6に関する設定がコメントアウトされていることが確認できます。 VPSコントロールパネルよりIPv6の設定を確認 設定ファイルとコントロールパネルの内容が同じであることを確認します。 IPv6の有効化 以下のコマンドを実行し、コメントアウトを解除します。 wlan0アダプタを有効にしたため、アダプタ自体が表示された。 IPアドレスの設定.