Appdata Local Temp 読み取り専用

ディスクを読み取り専用にする. C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Local¥temp に ~DFxxx.tmp が残っている場合があります 例: ~DF0543449EAE439651.TMP のような名前; WindowsVista Excel2007 C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Local¥temp に ~DFxxx.tmp が残っている場合があります; WindowsXP Excel2003 Windows 7/Vistaでは、C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Tempフォルダに入っている「TWAIN.LOG」ファイルを右クリックしてプロパティ画面を開き、「読み取り専用」のチェックボックスにチェックを入れて更新すれば完了です。詳細は EPSONサイトのFAQに掲載されています。 ただし、「AppData 構成ファイル(vmxファイル)をテキストエディタで開いて下記を追記する。 scsi0:0.mode = "independent-nonpersistent" 指定したディスクとパーティションを「読み取り専用」にして起動してくれる。 Windows 7/10使用中に、Webページを閲覧したり、ソフトを実行したりすると、システムが一時ファイル(Tempフォルダ)を作成するため、多くの領域を占有し、ディスクの空き容量が不足します。次にWindows 7/10でシステムの一時ファイル(Tempフォルダ)を安全に削除する方法を紹介します。 Tempフォルダは、 Windows-XPでは、 C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp Windows-7では、 C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp Tempフォルダが存在しない、作業ドライブの容量が足らない、又はディスク不良が考えられます。