ACアダプター コンセントに つなぎ っ ぱなし


「ノートパソコンを電源アダプターでコンセントにつなぎっぱなしにしておくと良くないの?」これは、ノートパソコンを使っている人なら、誰でもどこかの時点で抱く疑問です。どうやら、その答えは単純ではないようです。その理由を見ていきましょう。
ノートパソコンのacアダプターをコンセントにつなぎっぱなしはバッテリーの寿命を縮める . パソコンをシャットダウンすればパソコンのos(オペレーティングシステム)の機能自体は完全に停止しますが、acアダプター電源やパソコン本体の内部基盤などには電圧はかかったままです。そのため、わずかではありますが電力を消費しています。 ノートPCのバッテリー寿命を延ばす方法バッテリーの持ちについて調べていると、ノートパソコンの電源コードは繋ぎっぱなしでいいのか、充電が終わったら抜いてバッテリーで駆動した方がいいのか、たくさん質問があった。その辺のことを含め、バッテリーを長 リチウムイオン電池だと、100%の充電状態を維持するのが一番の劣化の原因です。ノートpcのacアダプタをつなぎっぱなしにして、稼働中のバッテリは常に100%状態となっていませんか? 結論から言いますと、ノートPCをコンセントの差しっぱなしにすると、バッテリー(リチウムイオン電池)の寿命を短くさせます。
数時間使うときはusbを外していますが、1~2時間程度ならacアダプター繋ぎっぱなしで使ってます。 2~3日間ほど使わないこともあるのですが、この時もacアダプター繋ぎっぱなしです。 もちろん満充電になっても放置プレイしています。