1995 ラグビー ワールドカップ 南アフリカ 飛行機

アパルトヘイト政策が撤廃されたことから、1995年に当時のネルソン・マンデラ大統領の下でラグビーワールドカップ・南アフリカ大会が開催されます。 黒人と白人で構成されたチームは快進撃を続け、初出場にして初優勝を成し遂げました。 南アフリカのラグビーワールドカップ決勝戦が行われたエリスパークの上空、スタジアムの最上段の席からわずか60mとギリギリの距離でジャンボジェットを飛ばし観客を沸かせました。 パイロットはローリー・ケイ氏で、使用した飛行機はボーイング747です。 南アフリカが希求するチームプレー 望月 克哉 (国際社会学部 教授) ラグビー・ワールドカップ日本大会での南ア フリカ代表チーム(以下、スプリングボクス)の 闘いぶりはめざましく、優勝候補と目されてい たイングランドを撃破して、3 大会、12 年ぶり