革 裏 処理

縫い穴を開けてもまだ縫い合わせてはいけません。縫い合わせる前に、コバ・床面を磨く必要があります。(コバ・床面がわからない方は初心者必見 レザークラフトで使う革の種類・特徴と選び方で解説しています。)すべてのコバと床面を磨く必要はありません。 コバを処理することはアイテムの見た目上の完成度を高めるだけでなく、使用するうえでの耐久性の向上につながります。綺麗に処理されたピカピカのコバは、工業的に作られた製品では見られない、ハンドメイドならでは魅力を醸し出します。 q 革を2枚貼りあわせた場合のコバ処理と染色(ローバスチック)について. DeteLogのミコガイです。ヌメ革というのは、ナチュラルなベージュ色の革で、使っていくうちに色が濃くなってツヤが出る革です。良い味になるんでしょ?オッケーヌメ革の財布買うわ。と思ったアナタ、ちょっと待ってください!!革職人の立場で言うと、 革の裏・床面. こんばんわ。 以前、2枚の革を貼りあわせて1枚のようにするには、 糊しろを多くとり、きっちり圧着したのち、カットするという方法をこちらで教えいただきました。 革の手入れ方法 1.初めに. 急ぎ レザークラフトについてで、革の裏面(床面)の処理について教えて下さい。 革の裏面のケバケバの処理方法について、教えて頂けませんでしょうか?現在、トコノールは持っているのですが、ガラス … 革の切断した面のことをコバと呼びます。 革の裏側を床面(トコ面)と呼びます。床面は未処理のままでは毛羽立っているので、このトコ面の処理に使用されます。 コバ. 革といっても、いろいろな種類があります。これからレザークラフトを始めようという人は、ひとまず革にどんな種類があるのか、どういう特徴があるのかというのを頭に入れておくと、作品作りにおいて、作品に適した革選びができます。ということで、今回はレザ 革の床面は下の写真の通り、ざらざらしていて毛羽だっています。 手触りや見た目が良いものではありませんから、床面が見える作品の場合は磨いて処理するとレザークラフトの仕上がりがぐっと良くなり … 革のバッグには裏地のないものがあります。素材感がそのまま表現されシンプルであり、わずかに漂う革の香りなどが革とバッグを惹き立てます。革の裏面は床(とこ)いわれ、靴やバッグをつくるため適した厚さに調整された裏側のことをいいます。表面が毛羽立っているのが特徴です。 レザークラフトで革の接着は、きれいな作成を仕上げるための重要なポイントになります。ここで失敗してしまうと修正するのが大変になりますし、直しが効かない部分もあります。上手に接着をするにはどうすればよいのでしょうか。

まず革に付いた汚れやホコリを落とします。 ゴミが付いた状態で手入れをするとゴミで革を傷つけてしまう恐れがある為です。何よりゴミが取れてたほうが気持ち良いですもんね。 柔らかい革のコバ処理ってどうやるの?, 当店は革素材・道具を販売しており、当ブログでは当店の紹介・新規入荷商品の案内をさせてもらっています。HPはこちら、メールによるご連絡はこちらからどうぞ.blog内の品が欲しい!という場合はメールにてご連絡ください。