電子申告 開始届 税理士 代理

「代理送信することができるようになった旨」の通知書についてですが・・ これは、税理士が税理士自身の開始届をオンラインで行った場合、利用者識別番号は 国税庁が機械的に即時発行しますが、その人が本当に代理送信をする権限のある人か 代理人が申請(代理申請)するについてのページです。eltaxとは、地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。 税理士が納税者の申告等データに電子署名を行わなければならないことになっているため、利用届出に際しては、代理送信で利用する電子証明書による電子署名を付して送信する必要があります。この場合eltaxのホームページの利用届出の画面では「代理行為のみ行う場合」を選択してください。 電子申告は、事前準備や手続きが複雑といったイメージが強く、自分でできるのか不安な方もいるでしょう。その場合、税理士に相談するのも1つの手です。この記事では、税理士代理送信のメリットやデメリット、手続き方法を解説していきます。 代理申告の場合 「税理士の利用者idに登録されている電子証明書」と「データに添付した電子証明書」が 異なっている可能性があります。 対処法 ①「納税者ファイル」メニュー「納税者の選択」の「税理士等」タブより税理士を選択し、 税理士等の方が代理送信される場合は税務代理による利用が可能な利用者識別番号かを確認してください。」 などのメッセージが表示されてエラーになります。 2.変更届の提出方法.

e-tax 電子申告 開始届が重複した場合法人税の申告書を税理士の代理申告で送信する場合に、開始届を2回行ってしまった場合は、あとから出した利用者識別番号が有効になると思うのですが、最初に出したものを取り下げるという届出は必要ですか?

既に自分の所得税の申告を電子申告で行うため利用者識別番号を取得していた場合等は、変更等届出を提出するのが正しいやり方です。 同じe-Taxの開始届作成・提出コーナーにあります。 税務代理による利用の開始という項目から手続きをします。