運転免許更新 病気 申告

一定の病気等にお心当たりのある方へ. 一定の病気症状があり車の運転に支障を及ぼす可能性のある患者が、免許の取得や更新時に病状を虚偽申告した場合の罰則を新設することなどを盛り込んだ改正道交法が、平成25年6月14日に公布されまし … 平成26年に道路交通法が改正され、運転免許の更新時に健康状態について、公安委員会に申告することが義務化された。道交法改正により回答は義務となり、虚偽申告をした場合の罰則(1年以下の懲役、または30万円以下の罰金)も設けられています。では、何が対象になるのか調べてみました。 免許をお持ちの方、更新をしようとする方が、一定の病気等にかかっている場合、その病気により、自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがないかを、個別に判断する必要があります。 一定の病気等に係る運転免許制度の在り方 に関する有識者検討会 資 料 資料1 一定の症状を有する者を的確に把握するための方策に関する論点【p1】 資料 ... 更新時における不正申告と免許証の受交付との因 …

事故を起こした運転手が、いずれも病気についての申告をしないで更新していたことが問題となりました。 改正前も免許更新申請書などの裏面には「病気の症状等申告欄」というものがあり、病気等の申告は必要でしたが、任意であり罰則も設けられていませんでした。 運転免許の拒否等を受けることとなる一定の病気等について 運転免許を拒否又は保留される場合. 介護保険法第5条の2に規定する認知症; アルコール、麻薬、大麻あへん又は覚醒剤の中毒; 幻覚の症状を伴う精神病であって政令で定めるもの ですから、「病気を申告したら運転免許が取れないのではないか」という 過度な心配はしなくても大丈夫 です。 てんかんや統合失調症など、一定の病気が原因での事故自体は事故全体の0.1%程度といわれていて、精神疾患があると事故を起こしてしまうのかという部分は疑問視されています。