豆腐 いちご 離乳食

離乳食初期は、赤ちゃんにとってはじめての食事ということもあり、食べられる食材はまだ少なめです。そんな限られた食材のなかで、豆腐はとても使いやすくておすすめですよ。豆腐はやわらかいので調理しやすく、レシピの幅も広がるので積極的に使いたい食材の1つですね。 離乳食に豆腐は使っても大丈夫? 先述通り、豆腐は赤ちゃんに必要な栄養分が多く含まれています。特に良質なタンパク質は成長していく体には必須となります。やわらかく消化にもいいので、離乳食の材料としてはぴったりの食材と言えます。 離乳食にはお食事用のスタイがあると良いですよ! (>離乳食初期の赤ちゃんからOK!おすすめのスタイ&お食事エプロンを紹介) 離乳食108日目 1回目 高野豆腐とほうれん草の和え物.

トマトとツナのお粥 5倍粥(55g)・トマト(10g)・ツナ(10g) 冬から春にかけて旬を迎えるいちご。見た目にもかわいらしく、酸味と甘みあがって美味しいですよね。いちごの代表的な栄養成分であるビタミンcは、風邪の予防に効果的。今回は、ゼリーやおやきなど、いちごを使った離乳食レシピを9つご紹介します。 いちごは甘酸っぱくてよい香りがする美味しいフルーツです。赤い色は赤ちゃんも大好きですよね。そんないちごを離乳食に活用してみましょう。食べさせてもよいスタート時期や簡単に作れる離乳食レシピなどをご紹介します。

子ども達が大好きな「いちご」と「豆腐」を使った「いちごのゼリー」ゼリーの中にいちごを見つけると「あっ!いちご!」「いちごあったよー!」パクッと口の中に入れては「おいしー!!」とても美味しそうに食べてくれる子ども達です。