裁量労働制 休日出勤 代休

代休と振替休日の違いを正しく把握されていますか?所定休日に出勤した際に振替休日として処理するのか、代休として処理するのかでは賃金の計算方法が大きく変わります。代休と振替休日についてミスのない給与計算ができるように解説していきます。 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター1706号室 tel 03-6914-8848 fax 03-6914-8849.

法定休日でも、所定休日でも、休日出勤手当の考え方は通常の労働者と同じです。 法定休日に勤務すれば、たとえ専門業務型裁量労働制が適用されている労働者であっても、休日出勤手当の支給が別途必要 … 専門業務型・企画業務型裁量労働制を適用する場合の注意点について説明していきます。特に、業務時間の指示、対象業務の限定、使用者による具体的指示の禁止等、人事労務担当者が対応を誤りやすいポイントに絞って解説していきます。 裁量労働制の適用対象は、厚生労働省が定める一定の職種や、特定の機能を持つ事業所での仕事に限られています。そもそも裁量労働制とはどのような制度なのか、その概要と裁量労働制における時間外手当の計算方法も解説します。

年俸制、裁量労働制、フレックスタイム制の場合は? また近年、働き方の多様化を受けて、年俸制や裁量労働制、フレックスタイム制などを採用している企業も増えています。これらのケースでは休日出勤手当はどのように取り扱われるのでしょうか? なぜなら、裁量労働制でも深夜(22時から翌日の5時まで)勤務や振替休日をとらない休日出勤には、労働者に割増賃金を支払う必要があるからです。 また、高橋さんは出勤の記録を求められていますが、これも裁量労働制に違反しているわけではありません。

休日出勤した際にもらえる「代休」。しかし、その細かいルールをご存知でしょうか。休日出勤をさせた従業員に対し、会社は代休の有無にかかわらず賃金を払わなければなりません。なんとなく知っているようで実は複雑な「代休」と「賃金」のルールについてこの記事で解説します。 人事や法務でお困りの中小・ベンチャー企業の方、必見!