結ぶ 意味 名前

結び(むすび)とは。意味や解説、類語。1 ひも状のものを結ぶこと。また、結んだ部分。「結びがゆるい」「男結び」2 人と人とを関係づけること。縁を結ぶこと。「結びの神」「縁結び」3 文章や相撲の取り組みなどの、終わり。結末。 おみくじを結ぶ意味は? そもそも、 どうして引いたおみくじを、木に結ぶのでしょうか? どんな意味があるか、ご存知ですか? 古くから日本では、 木には、神様や精霊が宿るとされてきました。 その木におみくじを結ぶと、 おみくじを結んだ人の思いが、 漢字「縁」の由来、名前に使われる読み方や意味を知っていますか。男の子と女の子の名前を考えるときに両方に使うことができる「縁」名前をランキング形式でご紹介しますので名前を考える参考にしてみてください。イメージ通りの素敵な名前が見つかりますように。 結ぶ(むすぶ)とは。意味や解説、類語。[動バ五(四)]1 ひもなど、細長いものを組んでつなぐ。また、結び目をつくる。「髪を―・ぶ」「包帯を―・ぶ」2 手の指をからませるなどして形をつくる。㋐(ふつう「掬ぶ」と書く)手のひらを組み合わせて水をすくう。 漢字の意味にもあるように、「人との繋がりを大切に結んで欲しい」という意味や「努力が実を結ぶように」という意味をこめてつけられることが多いです。 また、ふたりの愛の結晶という意味で「結」が名前に使われる場合もあります。

今回は「結」とい漢字を使った人気の名前を男女別に意味や、由来も含めてご紹介させていただきます。この1文字だけでも、何通りもの読み方があります。自分の子供が一生名乗る名前は大切につけましょう。皆様に「これいいな」と思っていただけるような漢字を紹介していきます。