納豆 作り方 わら

納豆菌は熱に強く100度cでも10分以上耐えます。 そこで、わらづと納豆づくりでは雑菌処理のため藁を煮ます。 藁は葉っぱがあってもかまいませんが、軸だけ集めた方が扱いが楽ですし見た目もきれいになります。 なので、雑菌も含め、それが「本当の稲わら納豆」という考え方なのでしょう。 味噌作りと同じで、稲わら納豆の作り方も家によって細かいところで千差万別だったはず。 高柳家は、わらも無農薬ですし、それを煮沸せず、ず~っと使って来たわけですね 納豆菌で作る、簡単納豆の作り方; 食べている市販の納豆と大豆でさらに納豆を増やそう! 納豆はなぜ3パックで売られているのか; 発掘あるある大辞典と納豆を食べるタイミング; 圧力鍋を使って蒸す簡単な納豆の作り方とその保温について調べて見ました。 天日干した藁が大量にあるので、自然農の藁を使って、納豆を作ってみました。その作り方をまとめておきます。 藁を持っていない人がほとんどだと思いますので、その場合は市販の納豆を混ぜれば簡単に出来ます。しかし、自然の藁に大豆を入れるだけで納豆ができるなんて、不思議ですね。