租税特別措置法 40条 1項

制度改革情報 厚生労働省から公表された社会福祉法人定款例ですが、各自治体で様々な追記やコメントが付されて一部修正のうえ公開されています。その中で、埼玉県版では租税特別措置法第40条の特例を受けるに当たっての留意点も記載されていますので紹介しておきます。

租税特別措置法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。 (昭和三十二年法律第二十六号) 施行日: 令和元年十月一日

ホーム > 教育・学校・青少年 > 私立学校(幼・小・中・高・専各) > 私立学校(園)向けのお知らせ > 学校法人への現物寄付に係る租税特別措置法第40条第1項後段の規定に基づく国税庁長官の非課税承認を受けるための手続きの簡素化のための要件の変更等に関する税制改正について(通知) 重要資料 資産課税課情報 第14号 平成30年9月6日 国 税 庁資産課税課 「租税特別措置法第40条第1項後段の規定による譲渡所得等の非課税の取扱いについて」の一部改正について(法令解釈通達)のあらまし(情報) 平成30年7月3日付課資5-126ほか1課共同「『租税特別措置 租税特別措置法施行令第25条の17第3項第6号の規定により代替資産を取得する場合の届出書(令和2年4月1日以後の財産の譲渡用)(pdf/266kb) 租税特別措置法第40条の規定による承認申請書(承認特例の申請をされる方) 第1表~第2表(pdf/926kb) 文部科学大臣所轄学校法人への現物寄付に係る租税特別措置法第40条第1項後段の規定に基づく国税庁長官の非課税承認を受けるための要件の緩和等について(通知) 「租税特別措置法(以下、この題材を取り上げる際は「特措法」と書きます)第40条」 及び「所得税法第59条第1項第1号」を掲載します。 その条文から、宗教法人に適用させる部分の概要を抜き出してみま … 個人が、土地、建物などの資産を法人に寄附(贈与・遺贈)した場合には、これらの資産は寄附時の時価で譲渡があったものとみなされ、これらの資産の取得時から寄附時までの値上がり益に対して所得税が課税される(所法59①一)。 第1部 租税特別措置法第40条第1項後段の規定による譲渡所得等の非課税の取扱いについて(法令解釈通達) 〔措置法第40条第1項関係〕 1 公益を目的とする事業を行う法人 (1)租税特別措置法40条後段の承認の対象となる資産. 1 措置法第40条第1項後段に規定する「公益を目的とする事業を行う法人(外国法人に該当するものを除く。)」(以下「公益法人等」という。)とは、次に掲げる事業(以下「公益目的事業」という。