社内 規定 見れる


日本郵便の社内規定によると、コンプライアンス(法令順守)違反を知った社員は会社に報告する義務がある。 内部通報者の秘匿性は担保され、通報者に不利益を与えた場合は厳正に対処するとしている。 社内で配布されるものはメモから通達まで全て社内文書に含まれます。社内文書は大切なコミュニケーション手段の一つとなります。社内文書に関する書類の書き方について解説します。
社内の労務管理にお悩みの経営者の方は、企業の労働問題(人事労務)を得意とする弁護士に、お気軽にご相談ください。 「人事労務」のイチオシ解説はコチラ!

社内規定は、円滑な業務の推進に必要なものです。しかし、規定は不変ではありません。関係する法律の改正や状況の変化に応じて常に見直し、最適なルールとなるよう整備することが大切です。


法律? 犯罪? 自分には関係ない…そんなふうに考えている人、いませんか? じつは普段、職場で何気なくしていることが犯罪になることがあります。 「悪気はなかった」、「わざとではない」、「知らなかった」…そんな言い訳は法律には通用しません。 社内規定や就業規則は時代や法律に即して、変更しなくてはならないことがあります。そのようなとき、どのようなことに注意して変更をすすめれば良いでしょうか。また、社内規定や就業規則の変更はどのようなタイミングを行うとよいでしょうか。 残業手当、有給休暇等はきちっと守られているように思えるのですが、その他の規定もどうなっているのか知りたいし、また、その都度会社に聞くのも面倒です。就業規則は、作ってあればそれだけで十分なのでしょうか。