確定申告 年収 見方

こちらはかなりイメージがしやすいですが、どこかの企業に雇用されているわけではなく、自分で企業をしたり業務委託契約で働いているフリーランスの方などは自分で確定申告をしなければなりません。 青色申告が完了して一安心した方も多いのではないでしょうか。ただ、せっかく決算書を作成したのであればその読み方も知っておきたいところです。今回は、税理士・宮原裕一先生に作成した書類の読み方を教えていただきました。 確定申告書Aの見方. 一般的に確定申告が必要となる人 . 自営業やフリーランスとして働いている方. 会社員の場合は年末調整が受けられるため、確定申告とは縁がないという方がほとんどです。しかし年収が一定額を上回る場合は確定申告が必要になります。直前になってから焦ることのないよう、確定申告の対象となる年収や条件を確認しておきましょう。 自営業者の年収(所得)は、 確定申告書bの9番の金額になります。 車や、住宅を購入する際のローンの審査などは、 一般的に、そこの金額を基準に判断します。 質問者さんの例で行くと、年収は30万円になります。 ナイス: 1 この回答が不快なら 確定申告書A第一表の構成はだいたい下記のようになっています。 収入金額等 ・・・売上(税込み年収) 所得金額 ・・・売上から原価と経費を引いた金額(サラリーマンは年収に応じて給与所得控除された金額) 確定申告書bは、株などの譲渡所得がある人が使う書式。サラリーマンなどの給与所得者を例に、申告書bの書き方を解説します。源泉徴収票と照らし合わせながら書けば、意外と簡単に仕上げられますよ。