白色申告 経費 裏ワザ

白色申告と青色申告の経費の取り扱いの違い. 個人事業主の皆様は自身で確定申告まで行っていると思いますが、確実に節税できているでしょうか。日々のちょっとした積み重ねで税金の支払い額は変わってしまうものですので、この記事を読んで、改めて節税に意味のあることは何なのかすっきり理解しましょう。 個人事業主は特に、節税対策や経費削減方法・裏ワザを詳しく知りたいという人が多いのではないでしょうか。生命保険、車代、家賃や光熱費の経費勘定の仕方、知られていない裏ワザもあります。個人事業主に必要な節税裏ワザを知りたい人は参考にしてください。 売上や経費に関して、青色申告では損益計算書を決算書として作成するのに対して、白色申告では収支内訳書を決算書として作成し、毎年3月15日までに税務署へ提出する必要があります。 白色申告の経費について、上限がいくらまでか、領収書やレシートは必要かどうか、経費にできるもの、一部経費にできるもの、経費にできないもの、経費の書き方、についてまとめています。家賃、ガソリン代、車、携帯電話などは家事按分して一部経費とします。 白色申告の最大のメリットは、所得が300万円以下なら帳簿付けの義務が免除される、つまり領収書の保管すら不要な為、経費の積み増しをしても、税務署が調査できないことです。 白色申告の税率は、所得税の税率が適用されます。ここでは白色申告の税率がどのような金額で段階分けされているのかといったことから、所得金額をどこまでに抑えればお得になるのか、具体的な金額を計算しながら紹介していきます。 個人事業主として活動している人にとって、税金の負担は非常に大きなものです。個人事業主が事業から得たお金に対して課税される「所得税」は、「たくさん稼いでいる人ほどたくさん税金をとられる」という仕組みになっているのです。