洗濯物 干し方 ハンガー 肩


洗濯物の種類別に、干し方のポイントをご紹介します。 【洗濯物1】tシャツの干し方 【ポイント】 針金ハンガーに普通にかけて干すと、襟の部分に負担がかかって伸びてしまう可能性があります。 また、肩にハンガーの跡がついてしまうことも。 【干し方】 洗濯物の干し方しだいで発生する「型崩れ」。 中でも、ハンガー干しする時にできる肩の「ポッコリ跡」は、誰もが一度は経験しますよね。 そんな残念な肩のポッコリ跡を、実は簡単に取り除く裏技があるのです! 今回は、ハンガーに洗濯

干し方も実は奥が深いんです。 干し方一つで乾くスピード、型崩れ、収縮など様々な事に影響してきます。 それぞれの洗濯物に合った方法で干すように心がけましょう。 基本のハンガーがけ. ニットの干し方として、ハンガーでそのまま干してしまうとハンガー跡がついてしまうことがあります。また、重力によってニットが伸びてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、ニットが伸びない正しい干し方についてまとめたのでご紹介したいと思います。 伸び縮みしやすいニットやセーターの干し方に困っている人は意外と多いと思います。ハンガーにかけると肩の部分が出っ張ったり、縦に伸びてシルエットが変わったりして困りますよね。 ニットやセーターの雰囲気をそのままに保つために、正しい干し方を覚えることは大切です。