残業時間 80時間 産業医

朝日新聞では東証一部上場の225社に対して36協定の残業時間規定に関する調査を行った結果「過労ライン」とされる80時間以上に定めている会社が125社と過半数を … 新しく設定された 「年間720時間」の枠内で、2~6ヵ月の平均では「80時間以内」、1ヵ月では「100時間未満」を基準に時間外労働をできるように します。ただし、月45時間を超える残業は現在と同じく年間で6ヵ月までとなります。

時間外労働時間の上限を月45時間・年360時間を原則とし、特別事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働を含む)、複数月平均80時間を限度に設定しました。場合罰則が課され、大きな抑止力となることを見込んでいます。 一般的に月80時間で 「過労死ライン」 とも言われてます。 . その80時間を超えた100時間を上限規制に持っていくあたり、さすが経団連だな~っと感心しますね(笑) 従来は、1ヶ月あたりの残業時間(注)が100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者が申し出た場合に医師よる面接指導を実施することとなっていましたが、働き方改革法の施行で残業医時間の基準が100時間から80時間に強化されました。 <面接の流れ> 僕の会社でも月80時間以上だと産業医に見てもらえるレベルです。 . 2019年4月1日より、「働き方改革関連法」(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)が施行され、産業医の長時間労働者を対象とした面談において、変更すべき点があります。今回は、「働き方改革関連法」の施行で産業医はどう対応すべき 5割を超える企業で80時間以上で締結.