正社員 からパート 年金 手続き

パートタイマーと正社員では、給料や賞与に差がありますが、老後に国から支給される年金の額も異なると聞きました。 私は、33歳ですが、このまま60歳までパートタイマーで働き続けるとしたら、老後の年金は、いつから、いくらもらえるのでしょうか?

パートやアルバイトの方は、原則として、1日又は1週間の所定労働時間と1か月の所定労働日数の両方が、 その会社で同じの業務を行う正社員の所定労働時間の4分の3以上の場合には、社会保険(健康保険・厚生年金)に入らなければいけない ことになっています。 一方でパートタイマーの労働者でも要件を満たせば年金手帳を提出してもらわないといけません。 これはパートタイマーでも所定労働時間によっては社会保険に加入義務があるとなるからです。 この要件とは . 年金の保険料と将来の受取額の関係をチェック! 以前、ある女性から「例えば1年間正社員として働いたら、年金ってどれぐらい増えるものでしょうか?」という質問を受けました。この方は現在専業主婦なのですが、ようやく子育てが一段落したので働こうと思っているとのこと。 正社員では、厚生年金や健康保険の社会保険に加入し、保険料が給与から天引きされ、老後には、基礎年金と厚生年金の報酬比例部分の受け取りが可能です。 パートと正社員でもらえる老後の年金の額の違い. 正社員から時給や短時間などの労働条件変更にともなって、パートやアルバイトに変更しても、上記の適用基準を満たしていれば、そのまま雇用保険を継続することができます。 その際、ハローワークへ雇用形態の変更手続きをする必要もありません。 まとめ