更年期 膀胱炎 漢方

更年期になると色々な不調がおこりますが、その中の1つに繰り返す膀胱炎があります。 私もこれに相当苦労しました。症状としては、 陰部に灼熱感(熱い感じ)がある 尿が近い時がある 尿が熱い感じがする おしっこをした後、尿道に・・・

「更年期障害の症状と漢方薬」 更年期の初期の症状には、熱感や悪寒、多汗、動悸、不安感、不眠、イライラなどがあり、中期には膀胱炎や皮膚炎、また後期には動脈硬化、骨粗しょう症などが見られます。

膀胱炎は女性に多い相談の一つです。忙しくて通院できないのでなんとかしたいというご相談や、治療をして一時的に良くはなっても何度も繰り返してしまうというご相談もあります。風邪を引いたときや妊娠中も起こりや 男性更年期障碍では男性ホルモンの減少に加えて、会社や家庭でのストレス、不適切な生活習慣、加齢による機能衰退が誘因となって多様な症状が発現します。これは婦人更年期障碍と同様の病態であり漢方医療の適応になります。 今回は膀胱炎の治し方についてご紹介します。 女性に多いとされている膀胱炎。でも、あまり人に知られたくない膀胱炎。 「膀胱炎の治し方は?」「膀胱炎は自力で治せるの?」と、今すぐ膀胱炎の痛みを治したいと、お悩みの女性も多いのではないでしょうか? 更年期障害とは 更年期とは閉経の前後5年間、計10年間のことです。 この時期は女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減ってきます。 エストロゲンの減少により現れる多種多様な症状を更年期症状といいます。 そのうち、日常生活に支障があるものを更年期障害といいます。 膀胱炎によい漢方薬 3タイプの女性の横に書いてある症状に、あてはまる数が一番多いのがあなたのタイプです。その下にある漢方薬をおすすめします。 更年期障害の症状における漢方の役割は、「不足していれば補い、流れが滞っていればスムーズに流す」ことによって、乱れたからだのバランスを整え女性ホルモンを安定させることです。更年期は"つらい期間"ではなく、"からだのメンテナンス期間"です。

「更年期障害の症状と漢方薬」 更年期の初期の症状には、熱感や悪寒、多汗、動悸、不安感、不眠、イライラなどがあり、中期には膀胱炎や皮膚炎、また後期には動脈硬化、骨粗しょう症などが見られます。 なので更年期頃にちょうどそのような症状が出るので 更年期症候群というのですが、 その更年期症候群が今、更年期を迎える前に 同じような症状が出る人が続出しています。 更年期症候群に良く効く漢方薬 1.冷えが気になる更年期障害 私は、更年期に突入してからときどき膀胱炎を起こすようになり、そのたびに泌尿器科に通っていました。 細菌の検査をしても菌は見つからず、非細菌性の慢性膀胱炎と言われ、漢方薬などを飲んでいます。 漢方の大手町薬局は漢方薬・化学薬品・軟膏製剤などを製造販売しています。 是非一度ご連絡下さい。薬について、また自分が患っている病気のことお電話ください。 女性ホルモンの減少は膀胱炎の原因にもなる 更年期には、膀胱炎の症状を訴える人が増えます。しかし更年期性の膀胱炎は、病院に行って検査しても、一般的な細菌性膀胱炎のような大腸菌などの細菌は検出されず、他の病気が原因で膀胱炎の症状が起きているわけでもないのが特徴です。 膀胱炎によい漢方薬 3タイプの女性の横に書いてある症状に、あてはまる数が一番多いのがあなたのタイプです。その下にある漢方薬をおすすめします。 膀胱炎・むくみ、更年期の男性、糖尿病、関節や腰の痛みなど、病気や心身の不調に和漢のチカラを。漢方薬をベースに、日本人の生活習慣や体質の変化に合うよう独自の処方で開発する、摩耶堂製薬株式 … 更年期障害に効果のある漢方薬を「適応する体質」「配合生薬」とともに紹介。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)など。 更年期障害によい漢方薬 3タイプの女性の横に書いてある症状にあてはまる数が一番多かったものが、あなたの証です。 実証と中間証が同じ数なら、やや実証。虚証と中間証が同じ数の場合は、やや虚証と …