日本 脳炎 接種率

図6. 年齢別日本脳炎中和抗体保有状況の年度別比. 数ある予防接種の中でもよくニュースになっているのが、日本脳炎です。死亡例もあるので、副反応が怖くて予防接種ができない! と仰る方も少なくありません。 しかし日本脳炎は、かかってしまうと重い症状が起こる可能性がある、非常に怖い病気なのです。 図4. 日本脳炎の予防接種は、定期接種ですが必ずしも接種しなくてはいけないというものではありません。 感染し、発症する人も少ないことから、予防接種を受けない選択をする方もいらっしゃると思います。 ょう。例えば日本脳炎の流行地域に渡航・滞在する小児や、最近日本脳炎患者が発生し たり、ブタの日本脳炎抗体保有率が毎年高い地域に居住する小児などです。3歳未満で の接種量は、通常の半量の0.25 mLになりますのでご注意いただきますが、免疫効果は 日本脳炎は定期接種の予防接種です。日本脳炎の感染経路や潜伏期間、症状をご紹介します。日本脳炎ワクチンは1期と2期で間隔があいてしまうため、受け忘れがないようにスケジュールを把握することが重要です。予防接種のタイミングや発熱などの対処法、副反応についても解説します。 日本脳炎ウイルスは馬と人では脳炎を起こすが、豚では妊娠豚の死流産の原因となる。脳炎を起こした馬では、発熱だけで回復する例もあれば、麻痺(まひ)や興奮を示し、重症の場合は死亡することもあ … 図3. 年齢別/年齢群別日本脳炎予防接種率 2006年.

ブタの日本脳炎ウイルス感染状況 2006年. 図7.

図5 年齢別日本脳炎中和抗体保有状況 2006年. 地域別日本脳炎患者報告数 2000~2008年6月(2008年6月末現在) 日本脳炎ワクチンを受ける対象年齢と接種間隔 日本脳炎ワクチンは1期に初回と追加で、2期になっております。以前は3期がありましたが、2005年より廃止されました。 1期は生後6ヶ月から90ヶ月(7歳6ヶ月)まで。1期の初回は2回、追加は1回です。 日本脳炎は日本脳炎ウイルスに感染した100~1,000人に1人が発症すると報告されています。(異なる調査結果のため、頻度が異なります)。 症状 日本脳炎を、発症すると高熱・頭痛・嘔吐・意識障害やけいれん等の症状を示す急性脳炎を起こします。