御 和讃 と は


いけらば念仏の 功つもり 死なば浄土へ まいりなん (死なば浄土へ まいりなん) とてもかくても 此の身には 思いわずらう 事ぞなき (思いわずらう 事ぞなき) と … この御和讃は梅花流の基本であり、お唱えする機会も一番多い曲です。また、宗派にかかわらず仏教徒として共通する心構えを説いたもので、歌詞の大意は以下のような内容です。 ☆梅花講(御詠歌)はどんなものか、聞いてみませんか。 聖号: 三宝御和讃: 正法御和讃: 修証義御和讃: 大聖釈迦牟尼如来御詠歌(紫雲) 歌唱編:彼岸御和讃 (歌手島倉千代子) 歌唱編:盂蘭盆会御詠歌 (歌手 …

2月15日はお釈迦さまのご命日、涅槃会(ねはんえ)です。お釈迦さまは80歳になられた年、病に倒れそのご生涯を終えられました。臨終の際、クシナガラ城付近の沙羅双樹の林で横になられ、お弟子さまたちに最後のお説教をされました。

「いけらば 念仏 (ねぶつ) 和讃」 法然上人 御作.


吉水流の御詠歌、和讃は昔から唱えられてきた曲だけでなく、新曲が発表され、講員の練習用にCDへの収録、販売などが行われている。加藤師は「霊沢上人和讃」(平成25年)、「蓮華寺和讃」(平成30年)、「一向上人和讃」(同上)を作詞。