宇治 お茶屋 一 番 古い

平等院から宇治川に添って歩いていくと対岸に見えるのが『宇治上神社(うじがみじんじゃ・うじかみじんじゃ)』です。平安末期の建築で、神社としては最古のもの。緑と宇治川にの美しい流れ、平等院と同時にこちらもじっくりと楽しんで帰りましょう。 伊勢神宮を参拝した後にお土産を求めてぜひ立ち寄って欲しいのが、「おかげ横丁」。おかげ横丁は古い町並みを再現した、飲食店・お土産屋さんが立ち並ぶ観光スポットです。今回は、おかげ横丁を中心に周辺のおはらい町などでも買えるお土産をご紹介します。

お茶処として知られる京都の宇治市にある、老舗の甘味処「中村藤吉 本店」。安政元年に茶商として創業した、由緒正しい宇治の名店です。抹茶の芳醇な甘みを生かした和スイーツが楽しめる「中村藤吉 本店」で、宇治観光の休憩にお茶の香り高い和スイーツを楽しんでみませんか?

茶屋(ちゃや)は、日本において中世から近代にかけて一般的であった、休憩所の一形態。 休憩場所を提供するとともに、注文に応じて茶や和菓子を提供する飲食店、甘味処としても発達した。 茶店(ちゃみせ)とも言う。. 通圓茶屋 宇治本店 吉川英治の名作「宮本武蔵」にも登場する日本一古いお茶の店で、1160年の創業。 宇治橋の東詰にあるこの店先で、昔の旅人も足を休めていたかと思うとロマンがかき立てられる。 「宇治のお茶屋さんは大きく二つに分けられます。茶畑を持つ元農家のお茶屋さんと、うちのように畑を持たずに茶葉を仕入れているお茶屋さんです」。 いずれのお茶屋さんも、それぞれの店ごとに甘味、苦味などの「味筋」があります。