大阪府 産業 割合

大阪の魅力:主な産業 大阪・関西がリードする主な産業と拠点. 大阪府版 . 大阪市は商業用途の土地の割合が1/3以上を占めるため、産業集積の密度が他都市よりも高く、東京都区部と比較すると、1㎢あたりでは、製造品出荷額などで約3倍、工場数で約1.7倍、卸売業事業所数や百貨店販売額では約1.2~1.3倍となっています。 大阪の産業集積状況. 全国・大阪府・大阪市の産業3区分割合の推移 全 国 s25 s30 s35 s40 s45 s50 s55 s60 h2 h7 h12 h17 第1次産業 48.5 41.1 32.7 24.7 19.3 13.8 10.9 9.3 7.1 6.0 5.0 4.8 第2次産業 21.8 23.4 29.1 31.5 34.0 34.1 33.6 33.1 33.3 31.6 29.5 26.1 環境技術・新エネルギーの拠点―大阪ベイエリア― 2. 平成17年の就業者を産業3部門別にみると、第1次産業就業者は22,861人(就業者全体に占める割合0.6%)、第2次産業就業者は1,034,592人(26.2%)、第3次産業就業者は2,796,504人(70.7%)となっ … 卸売企業 卸売企業における企業数は、全国で30万2千企業となった。 大阪府の産業で最も大きな比率を占める第3次産業の構成比率は、平成23年の72.0%から72.5%(全国61.1%)に微増した。大阪府は全国に比べ第3次産業の比率が高く、第2次産業の比率が低い。 産業別の生産額伸び率(大阪府、13部門 除く「分類不明」) 大阪は、大阪府の工業生産に占める中小企業の割合は65%ですが、小規模でも技術力の高さで世界的シェアを誇る会社が少なくありません。 産業別の就業者数では、卸売業・小売業、製造業、医療・福祉が多くなっています。 製造企業 製造企業における企業数を地域別にみると、東京都の8万1千企業(製造企業に占める割合12.2%)が最も多く、次いで大阪府の6万6千企業(同9.9%)、愛知県の5万3千企業(8.0%)、埼玉県の3万2千企業(4.9%)及び静岡県の2万6千企業(4.0%)となり、これら上位5都府県で38.9%となった。 全国・大阪府・大阪市の産業3区分割合の推移 全 国 s25 s30 s35 s40 s45 s50 s55 s60 h2 h7 h12 h17 第1次産業 48.5 41.1 32.7 24.7 19.3 13.8 10.9 9.3 7.1 6.0 5.0 4.8 第2次産業 21.8 23.4 29.1 31.5 34.0 34.1 33.6 33.1 33.3 31.6 29.5 26.1 全て …

他方、中小企業の割合が比較的低い(大企業の割合が比較的高い)のは、東京都の98.7%を始め、神奈川県の99.2%、大阪府、広島県及び福岡県の99.3%などとなった。 ページのトップへ戻る. 産業大分類別に大阪府の事業所数をみると、「卸売業,小売業」が9万9597事業所(全産業に占める割合が25.3%)と最も多く、次いで「宿泊業,飲食サービス業」が5万2979 事業所(同13.5%)、「製造業」が4万2680事業所(同10.9%)などとなっています。 大阪府 人口増減 4 長崎県の人口・年齢構成のポイント (万人) 実績値 推計値 自然増数(万人) 社 会 増 数 (万 人 ) 大阪府 自然増減と社会増減の推移 2010年総数 886.5万人 2010年生産年齢 564.8万人(64%) 2010年老年 196.3万人(22%) 2010年年少 116.5万人(13%) 大阪府 -金属製品、家具・装備品が全国1位の大阪府 - 大阪府の 主な産業(出荷額ベース)をみると、化学工業、鉄鋼業、金属製品 (全国1位 )となっています。 品目を みると 、魔法瓶用ガラス製中瓶、魔法瓶、魔法瓶ケース(ジャー、ジャー 大阪は、大阪府の工業生産に占める中小企業の割合は65%ですが、小規模でも技術力の高さで世界的シェアを誇る会社が少なくありません。 産業別の就業者数では、卸売業・小売業、製造業、医療・福祉が多くなっています。 大阪府には、北大阪から大阪湾岸エリアまで、先進的な企業や研究施設が集まったエリアが展開しています。 1.

統計表(e-Stat) ... 全ての調査票を用いて市区町村別の人口の労働力状態,就業者の産業 (大分類)・職業(大分類)別構成に関する結果について集計 [PDFファイル/1.61MB] [Wordファイル/1.36MB] (平成29年6月6日公表) 平成29年4月26日公表 (外部サイト) 世帯構造等基本集計結果.