古 酒造り 用 泡盛

数年前から甕で古酒造りに挑戦しています。古酒造りを始めるために準備したものや定期点検で気をつけていることを中心にまとめました。 記事の内容 古酒造りを始めるために準備したもの 甕入れレポート 定期点検レポート 泡盛仕次古酒コンクールに挑戦 etc

また、泡盛には古酒造りに適した銘柄があったり、古酒造り用の甕を販売している酒造所もあるなど、個人が古酒造りをするための用意は整えられています。 沖縄に現存している、最古の古酒は識名酒造の150年古酒だと言われています。 1948年創業以来、私たちは今帰仁の地で酒造りを行ってきました。自然豊かな大地、空気、水、すべての恵みが揃い、泡盛が造られます。蒸留された泡盛は静かに時を待ち、熟成の歳月を重ねながら古酒へと生まれ変わります。 沖縄では子供の誕生や結婚などのお祝いに事寄せて泡盛を買い、これを寝かせて、 たとえばその子供の二十歳の祝いに封を開ける、といったことがよく行われています。 いい古酒は人を集める。自家製古酒造りをしてみませんか。 1. 自家製古酒の作り方. 「よい泡盛造り、よい古酒造り」が基本。 泡盛を寝かせる甕を、独自で造っておられる唯一の酒蔵所。 敷地内に窯を設置し、先代が試行錯誤しながら完成させた「忠孝南蛮荒焼き」は、古酒保存に最適なん …