企業年金連合会 支給 日

企業年金連合会(きぎょうねんきんれんごうかい、英語:Pension Fund Association)は、厚生年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金等の企業年金を短期間で脱退した人(中途脱退者)の年金を通算して給付している。 また、その年金給付を行うための原資となる保有資産の運用を行っている。 とそれぞれの月の1 企業年金の支給日は、支給される金額により異なります。 6万未満は毎年1回支給で4、6、8、10、12、2月 6万円以上から115円未満が年2回6月と12月 15万円以上から27万円未満は年に3回支給で4月、8月、12月 27万円以上の支給は年に6回支給で、2、4、6、8、10、12月. 年金支給日で2か月に1回ですが、1日に支給される年金は厚生年金基金ですか。 おっしゃる通りです。厚生年金基金、確定給付企業年金等になります。※補足について所属されておられる会社独自の厚生年金 …

平成26年3月31日までに厚生年金基金を短期間で脱退したいわゆる「中途脱退者」(注)に対する年金給付、および同日までに解散した厚生年金基金加入員に対する年金給付(その方が老齢厚生年金の受給権を取得した場合に限ります)は、企業年金連合会から支給されます。 企業年金連合会の前身は、厚生年金基金連合会 皆さま、「企業年金連合会」をご存知でしょうか? 「企業年金連合会」とは、その名のとおり企業年金の連合体です。 昭和42年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体の「厚生年金 … 120010010-982-068-955 更新日:2013年2月21日 印刷する 企業年金連合会 昭和42年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として厚生年金基金連合会が設立され、平成16年の法律改正により、平成17年10月から企業年金連合会と改称されました。 企業年金連合会では該当者の 支給開始年齢到達月 (国の老齢年金支給開始に同じ)に、登録されている住所に「企業年金連合会老齢年金裁定請求書」(以下「裁定請求書」という。)と「年金の請求手続きについてのご案内」を送付しております。