中学生 先輩への手紙 長文

春は新しい出会いが多い季節ですが、卒業式など別れの季節でもあります。お世話になった先輩などが卒業してしまうと、なかなかその後会えなくなってしまう場合もあり、寂しい気持ちになりますよね。でも卒業式の時というのは、卒業する本人は周囲の人との挨拶もあり忙しいもの。 部活を引退する先輩向けのメッセージは、どんなものがいいのでしょうか。無理に悩んで長く書かなくても、シンプルな言葉で十分感謝の気持ちを伝えらえますよ。あなただけの先輩とのエピソード、それがないならば憧れていたところなどを伝えればいいのです。 夏になると、部活の大会があり、それが終わると3年生の先輩たちは引退になりますよね。 そんな時、手紙にメッセージを書いて渡したりします。 たまにすらすらと先輩へのメッセージを書ける人もいますが、「一体何を書いたらいいのかわからない…」と困ってしまう人もいるのでは? 卒業を迎えた相手へ贈る、お祝いメッセージをまとめてみました。 正式な場にふさわしいものから親しい間柄に向いた内容まで、さまざまなシチュエーションに分けられた例文をご紹介いたします。 卒業を迎えた時、ここが相手との別れの時となってしまうことも少なくありません。 先輩は、くじけそうになった私をいつも励ましてくれる 心の支えとなる存在でした。 〇〇先輩に恩返しするためにも、日々練習に精進し、 みんなの夢である を達成しますので期待しててください。 これからも先輩のご活躍を期待しています。 部活を引退する先輩に、これまでの感謝を伝えたい。直接言葉にするのは照れくさいから、ここは手紙の出番です。 メールやメッセージではなく、手書きで伝える真心と感謝はかけがえのないもの。 先輩たちにとっても思い出として大切なものとなる手紙の内容を考えてみましょう。