レヴォーグ STI 内装


レヴォーグの内装はプレミアムなグレード「sti」がお勧め 日本を代表するグランツーリスモであるレヴォーグは、エントリグレードである「1.6GT EyeSight」でも、本革巻ステアリングホイールや、左右独立温度調整機能付フルオートエアコンを搭載させるなど快適装備が充実しています。
レヴォーグのハイパフォーマンスを深く知る純正アクセサリーで個性的な1台を! いまやアフターパーツもデザインや機能だけで選ばれる時期を過ぎ、それに加えて品質と保証も重要視される時代。その最先端を行くのが純正アクセサリーといえよう。 レヴォーグSTI Sport E型の内装はこのようにピアノブラックが随所に施されております。 しかしながら、シフトパネルとEPBパネルは艶なしブラックのまま。 1600㏄でも350万円を超える価格なのですから、標準でここもピアノブラックにしてほしかったなぁ。 今でないと購入できない、ある意味貴重なレヴォーグ現行最終モデルf型。「f型購入で悩んでいる方」また「現行モデルの中古車購入をお考えの方」のためにも実際のレヴォーグstiオーナーとして、良い点悪い点を含めてここはしっかりとレビューをしていきます。 高触感のレザーを採用したステアリングやシフトレバー、上質な雰囲気を演出するために本革で仕上げたシートなど、大人のオーナーマインドを満たす本物のクオリティを追求したレヴォーグ STI Sportのインテリアデザインをご紹介します。 高触感のレザーを採用したステアリングやシフトレバー、上質な雰囲気を演出するために本革で仕上げたシートなど、大人のオーナーマインドを満たす本物のクオリティを追求したレヴォーグ STI Sportのインテリアデザインをご紹介します。

内装 に関しては ... 新型レヴォーグSTI Sport には、スイッチ一つで車のキャラクターを切り替える「 ドライブモードセレクト」 が搭載され、コンフォートからスポーティまで幅広い走りを楽しむことが出来る所がポイントです。 レヴォーグ フルモデルチェンジでアイサイトver4

今回ビッグマナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ stiスポーツ(levorg sti sport)のd型のシートは、このようにノーマルモデルと異なる専用デザインのシートになっています。 また、レヴォーグsitスポーツ(levorg sti sport)のメーターも専用のデザインになっております。 そして、メーターは、このようなデザインになっています。 レヴォーグSTI Sport E型の内装はこのようにピアノブラックが随所に施されております。 しかしながら、シフトパネルとEPBパネルは艶なしブラックのまま。 1600㏄でも350万円を超える価格なのですから、標準でここもピアノブラックにしてほしかったなぁ。 レヴォーグのプッシュスタートボタンを黒から赤へ変更するカスタムが可能。 stiのロゴが特徴的なデザインで、好き嫌いが分かれるカスタムパーツですが、マイカーへ命を吹き込むボタンだからこそ赤に変えるというユーザーもいます。 STI Eye Sight Black Selectionグレードのみに特別装備されるレヴォーグ専用RECAROシートを体感! 毎年改良を重ねて更に洗練されたスバル レヴォーグの魅力に迫ります! 今回はスバル レヴォーグ STI Eye Sight Black Selectionの内装レビューと試乗レビューの紹介です。 迫っていきたいと思います! STI Sport のグレードは大人カッコいいボルドー色の内装が人気でしたが、 さらにブラック内装の特別仕様車が追加となり、大人スポーティーな. 新型レヴォーグstiスポーツd型の内装:シート編.
レヴォーグsti sportは内装シートからしてこだわりを見せています。 ノーマルのレヴォーグは真っ黒のシートですが、 レヴォーグsti sportはなんとも上品な赤ワインのような色合い。

最上級レヴォーグSTI Sportについても改良が行われているものの、1年前の2016年にデビューしたばかりということもあり、外観デザインついてはヘッドライトとフォグランプ部分以外はほぼ変更はなし。 レヴォーグD型の内装の変更点 レヴォーグsti内装インプレ2:メーター編. レヴォーグSTI Sportも改良.

仕上がりとなっております。

「 レヴォーグ STI Sport EyeSight Black Selection」 に.