ヤオヨロズガール 打ち切り 理由

2ちゃんねるの関連スレッドでは、その最後が見られるがいかにも「打ち切りました」といわんばかりの 終わり方のように見える。 またWikipediaにも「打ち切りで2008年7月号でひどい最終回に」と書かれている。 コミックバーズのヤオヨロズガール 打ち切りx打ち切り学会xヤオヨロズガール 連載漫画家にとって最も恐ろしい言葉の一つだろう。 どんな有名な漫画家であろうと、人気を集められなければ、途中だろうがなんだろうが終わってしまう。 出版社側だってあんな絵はさほどうまくない話は王道すぎてつまらなくはないが面白くもなくて ていうか展開が広すぎてgdgdになるのが目に見えてる作品に何年も原稿料払ってられないだろう。 ほんとあんだけ風呂敷広げて何年かけてやるつもりだったんだろうな、 2ちゃんねるの関連スレッドでは、その最後が見られるがいかにも「打ち切りました」といわんばかりの 終わり方のように見える。 またWikipediaにも「打ち切りで2008年7月号でひどい最終回に」と書かれている。 コミックバーズのヤオヨロズガール ヤオヨロズ関連、闇が深すぎるわ; 今更どの口が言う「全然関係ない話だけど気になってたので」 鳥頭「ワクワクはしてますが」 ****2話「それでも全肯定してついていくのが信者」 もっと早く今回の弁明を書いてくれさえしていれば… 天地を喰らうとは、『週刊少年ジャンプ』にて1983年27号より1984年38号まで連載された、本宮ひろ志の漫画である。 ジャンプ コミックス全7巻。. 『ヤオヨロズガール』は漫画家、御船麻砥による漫画作品。かつて幻冬舎の「月刊コミックバーズ」(幻冬舎)にて連載されていた。 「両親の仇!!」って言ってるのは主人公ではない。最終回に主人公 … [mixi]ヤオヨロズガール 悲しいお知らせです。 5月30日発売のコミックバーズ誌7月号で、いきなり最終回になっていました。 今月号分は話に無理矢理収拾をつけてはおらず、むしろ「次号に続く」な展開だったので、どうやら「急な打ち切り」みたいです。 『ヤオヨロズガール』は漫画家、御船麻砥による漫画作品。かつて幻冬舎の「月刊コミックバーズ」にて連載されていた。 桃太郎をモチーフにした主人公、日本昔話をモデルにした登場人物が特徴のコメ … ヤオヨロズガール 1 (バーズコミックス) 作者: 御船麻砥; 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス; 発売日: 2007/01/24; メディア: コミック; 購入: 1人 クリック: 245回; この商品を含むブログ (9件) を見る 打ち切り漫画は情状酌量の余地がある ブリーチみたいに猶予あったのにクソなのは擁護不能 868: 2020/01/23(木) 23:55:16.48 ID:P5i71+RJ0