マイナンバー 通知カード 届かない

マイナンバーカードを作らないことによる影響やデメリットを解説:マイナンバー通知カードが届いたあとマイナンバーカードの申請をするかどうかは任意ですが、マイナンバーカードを作らないことで考えられる影響を考察していきます。 マイナンバーの通知カードは、平成27年の10月頃から、各家庭に郵送されています。 マイナンバーカードは、全く考えていないという人でなければ、通知カードを再発行するより、マイナンバーカードを申請した方がはるかに効率的です。 マイナンバーカードの申請方法は、転入届の際にマイナンバーカード申請用紙をもらう事が先決。 通知カードをお持ちの場合、通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致しているときは、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。 通知カード. ここでは、「通知カード」「交付通知書」「マイナンバーカード」の3つにわけて、届かない理由を紹介します。 通知カードは受け取らずに破棄されている. 今回は『マイナンバー通知カードを無くした』とか、『たぶん自宅にあるんだろうけれど、どこにあるのかわからない…』といった、マイナンバー通知カードを紛失してしまったという方のために、その対処法をわかりやすくまとめてみたいと思います。 マイナンバーを通知するための、紙製のカード; 住所・氏名・生年月日・性別・マイナンバーが記載されている; マイナンバーを確認するための書類としては使えるが、身分証明書としては使えない ※ 2020年5月末で通知カードは廃止 され、紛失時は再交付ができなくなる。