フォルダ リダイレクト ログオン 遅い

ユーザが作成したファイル がそのpc内に保存される ⇒フォルダリダイレクト、 もしくはホームフォルダー で対応可能: ログインが遅い (インストールされている アプリやユーザが保存した ファイルの容量に依存) ⇒フォルダリダイレクトで 緩和可能

Windows Server 2008 R2 の Active DirectoryでGPOを使用して、Windows7クライアントのユーザープロファイルのフォルダリダイレクト設定をする際に若干ハマったので備忘録として残します。環境ドメイ … 初めてMicorosoftコミュニティに投稿します。 社内でパソコン等の管理を任されている者です。 社内のパソコンはマイドキュメントとデスクトップのデータをフォルダリダイレクトしており、データをサーバ上に保存しています。 オフラインファイルは使用しない設定にしています。 ただし、ログオンはこれらの条件下での同期であるため、ログオン最適化をされません。 最初のログオン時、フォルダー リダイレクト ポリシーが完全に適用されていない場合は、次の警告のイベント ログをご覧ください。 windows10への移行に際し、ローミングファイル・フォルダーリダイレクト・オフラインファイルなどが課題となるケースがあります。今回はそれぞれの課題に対して解説いたします。 私は自分のドメインに遅いログインを診断しようとしていました。私の最初の停留所の1つはDomain login very slow 10+ minutesだった。これまでは、フォルダリダイレクトを適用し、オフラインファイルを管理上割り当てするポリシーと関係があると伝えられました。 フォルダリダイレクトおよび Microsoft IME10 を利用している環境にてログオン後に imjpdsrv.exe が CPU 使用率を消費することがあります。 この現象が発生すると IME を利用するアプリケーションは IME からの応答待ちでフリーズ状態となる可能性があります。