ピストン リング サイドクリアランス

昔のピストンリングの話をすると、昔のエンジンは先ほど話しましたが、クリアランスが大きい(100分の4の精度)ので、それを補うために、ピストンリングの押し広げる力が大きくまた、材質も堅かったの … ピストンクリアランスに常識値はあってないようなものです。 たまたま今回のC200は当方が純正指定値を知っていただけです。 またクリアランスは半径ではなく直径での指定です。

(2) 上部のピストンリングと下部のピストンリングでは,どちらが上記(1)の現象を起こしやすいか。 また,それはなぜか。 (3) サイドクリアランス(リングとリング溝の上下隙間)が小さ過ぎる場合及び大き過ぎる場合,それぞれどのような害があるか。