チューリップ 切り花 品種


新潟県花き振興協議会 | 花きを通じて、地域の産業の発展と、潤いのある社会の実現を目指して | | 切り花、鉢花、球根、販売・装飾、オール新潟で花き振興に取りむ「新潟県花き振興協議会」
チューリップにはとてもたくさんの種類があるのをご存知ですか? チューリップは開花の時期によってたくさんの種類があるんです。そして、その種類に見合ったロマンティックな名前が付いているものが多いのです。 色鮮やかで、見た目にも美しいチューリップ。
窓用フィルム「シーグフィルム」や窓用省エネスプレー「寒い暑いその時」、各種熱対策商品、台湾花きの輸入販売などを行う翠光トップラインの公式サイトです。 チューリップ球根栽培農家が、富山県産のチューリップ球根を使って生産する切花です。 富山県産ならではの八重咲きやフリンジ咲きなどの珍しい品種を含む、50品種以上を栽培して作られる色鮮やかでボリュームのある切花となっています。 ・チューリップ新品種「雪うさぎ」は、切り花のボリューム感があり、球根の生産性が高い、切り花向けの白色一重咲き品種である。 「雪の華」は、花が大きくフリンジの切れ込みがはっきりとした、観賞価値の高い花壇向けの白色フリンジ咲き品種である。 丈の短いチューリップは20~30cmくらいで切り花よりは花壇に植えるのに適している品種、一般的な丈のチューリップは40~50cmで切り花にも向く品種、丈があるチューリップは50~60cm~で晩生種の品種に多い丈です。 チューリップ Turipa gesneriana L.ユリ科 1 経営的特徴と導入方法 チューリップの切り花は、主として11~5月に生産されているが、新品種の開瘠や利用傾向の変化に伴い、 需要は順調に伸びている。