シャツ 裾 形

yシャツの着こなし方は、長さだけなく形も大きな要素となります。 現在一般的に用いられる裾の形は、「ラウンドカット」と「ボックスカット」の2種類が主流です。 ワイシャツとカジュアルシャツの違いは明確ではありませんが、主に襟の作り、裾の作り、素材、襟の形、色柄、フロントボタン、カフス型と袖の長さ、胸ポケットなどの複合要素から、ドレス寄り・カジュアル寄りを認識して使い分ける必要があります。 カラーキーパーとは、シャツの衿を真っ直ぐに保つために、 衿の裏に挿入する芯のことです。 カラー芯(衿芯)・カラーステイ・カラーボーンとも呼びます。 シャツの着丈の長さはカッコいいサイズ感につながります。ファッションスタイルに合う長さというものがありますが、極端に短い、極端に長い着丈のシャツを使うファッションスタイルではなく、あくまで普段のカジュアルファッションで着るシャツの着丈長さについて。

yシャツの「裾の種類」ラウンドカットとボックスカット. tシャツの襟のヨレヨレを元に戻す手法はまだ書いてなかったなーって事で 今日はその手法をテレビに出しちゃったけど、本家でもあるので オイラのブログでも残しておこうと思ってます。 戻してみるのは、やく3年以上は着用した ヨレにヨレたtシャツ 一方、カジュアルシャツの襟はドレスシャツに比べて台襟がない、または小さめで、襟には芯やカラーキーパーが入っていないため柔らかく、ペタッと寝た襟形をしています。 シャツのカジュアル要素2.裾 … 裾の形はチノパンやジーンズに合わせて出して着れるよう、 L型で通常より5~10cmほど短く設定します ドレスシャツ(カッターシャツ)と違いズボンの中に入れないので、 ノーネクタイにジャケットでき …