シャッタースピード 1 4000

シャッタースピード、絞り値、露出表示(5段階) 測光方式: ttl中央部重点測光: フィルム感度範囲: iso12~iso6400: シャッタースピード: 1秒~1/4000秒、バルブ: セルフタイマー: 〇(約10秒) 多重露光: 〇 絞り:f4 / シャッタースピード:1/2000秒 / iso:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 なんぶんの1秒からハイスピードシャッターと呼ぶのか?特に定義はないようですが、動いているものをピタリと止める程度のスピードのことをハイスピードシャッターというようです。デジタル一眼レフカメラが得意とする分野ですね。 ニコンフィルム一眼レフカメラ「fm3a」の主な仕様についてのご紹介。ニコンデジタル一眼レフカメラやコンパクトカメラ、ニッコールレンズなどカメラ関連情報も。 シャッタースピード(1/2段ステップ) [1つ飛ばしの数値が1段変化となります。] 4000: 750: 125: 3000: 500: 90: 2000: 350: 60: 1500: 250: 45 一眼レフやミラーレスのシャッター速度の仕組みや原理と、撮影場面ごとの失敗しにくいおすすめ設定をまとめました。シーン別のシャッタースピードの目安と失敗しにくい設定値もご紹介します。 シャッタースピード(ss):シャッターを解放する時間。シャッタースピードが早いほど、通す光の量は減る。 絞り(f):レンズの中の羽の絞り具合を数値で表したもの。数値が少ないほど羽は開き、光がより多くレンズ内を通過する。 基本的な野鳥の撮りかたからレンズの選び方、様々な撮影方法をご紹介いたします。キヤノンバードブランチプロジェクトは、鳥をテーマとした事業所活動を通じ、「生命の循環」について、みなさまと共に考えるプロジェクトです。 下の二枚の写真は同じ場所を、シャッタースピードを分けて撮ったものです。 『左 : SS 1/2000s , 右 : SS 1.0s』 左のシャッタースピードが短い方はほんの一瞬をおさめたものなので、川の水が岩に当たってはじける様子が氷のように映し出されています。 1/2000秒…