サトノダイヤモンド きさらぎ 賞


今回はきさらぎ賞の予想について書いていきます。記憶に新しい所ではサトノダイヤモンドがここを勝利してクラシックでも活躍していきました。さらにさかのぼるとルージュバック、ワールドエース、トーセンラーといった馬たちがここを勝利して飛躍していってお きさらぎ賞予想です。かつてサトノダイヤモンドではお世話になっています。種牡馬データ・騎手データ・枠順別データ・過去の穴馬・東京新聞杯予想結論を公開しています。 2020年2月9日(日)京都競馬場で行われるきさらぎ賞2020の消去データです。芝1800m外回りbコースで行われます。最近はシンザン記念に押され気味でクラシックへの直結性が薄くなってますが、2015年のルージュバックや2016年のサトノダイヤモンドのように活躍する馬を多数輩出する伝統の一戦です。 きさらぎ賞2020. きさらぎ賞も例外では無く、押し出される様にして新馬戦を勝ち上がったばかりのサトノフェイバーがハナに。 かなり遅い流れの道中、居ても立ってもいられなくなったグローリーヴェイズが後方から一気に番手まで進出。 3歳クラシック戦線に向けた一戦、きさらぎ賞2020です。近年は、ダンビュライト(2017年)、サトノダイヤモンド(2016年)、ルージュバック(2015年)など、3歳クラシックの活躍馬を輩出しており、春に向けて注目の一戦になりそうです。
No.1競馬サイト「netkeiba.com」がきさらぎ賞(G3)2020年2月9日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け!

きさらぎ賞の人気はサトノダイヤモンドが1番人気で1倍台。続いてロイカバードが2番人気5.5倍、ロワアブソリューが3番人気と続いた。 単勝オッズではサトノダイヤモンドが優勢も、この2頭が人気の中心であることは揺るぎようがなかった。 きさらぎ賞のデータ分析とレース傾向 クラシックを見据えた3歳馬の有望株が激突する一戦。 2018年はサトノフェイバーがデビューから無傷の2連勝を飾ったが、これは例外のようなもので、基本的に新馬勝ち直後のキャリア1戦馬は分が悪い。 きさらぎ賞 予想 きさらぎ賞2020 最終予想. 京都11Rのきさらぎ賞(3歳Giii・芝1800m)は1番人気サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒9(良)。3馬身半差の2着に4番人気レプランシュ、さらにアタマ差の3着に2番人気ロイカバードが入った。 きさらぎ賞の人気はサトノダイヤモンドが1番人気で1倍台。続いてロイカバードが2番人気5.5倍、ロワアブソリューが3番人気と続いた。 単勝オッズではサトノダイヤモンドが優勢も、この2頭が人気の中心であることは揺るぎようがなかった。 まず、きさらぎ賞が開催される京都1800はスタートして最初のコーナーまで900mあるワンターンのコースです。 きさらぎ賞・データ分析 ... 2016年には後の菊花賞馬サトノダイヤモンドがこのレースを制している。そんな注目の一戦を前に、過去10年の結果を分析する。 ... サトノダイヤモンド: きさらぎ賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで詳細については分析しておりますが、本記事でもおさらいします。.