サイコ 映画 リメイク

もっとも、ただのサイコスリラーとして、先入観なしで見れば合格点をあげれますが、映画マニアは、ヒッチコックに只ならぬ情熱と敬意を持っていますから、下手な論法でリメイクするのは危険だと思います。総括して、5段階評価でEとします。 引用元:ヒッチコックのサイコって映画サイコと謳う割にそれほどサイコじゃなくね?と観た感想だった 1: 2019/09/06(金) 20:13:22.92 ID:rS6yC+G50.net BE:194767121-PLT(12001) オシャレをサイコに。「ボーダーランズ3」のヒャッハーなパロディ動画が3本公開。

リメイクカテゴリーの記事一覧. 「サイコ」(原題:Psycho、1998)を見た。映画の最後にアルフレッド・ヒッチコックに捧げるとあるが、ヒッチコックの「サイコ」(1960)の完全カラーリメイク作品。 映画のオープニングのタイトルデザインなど、モノクロ版「サイコ」と全く同じ脚本、演出、音楽で作られた。 こんばんはGWもいよいよ終盤ですが、相変わらずブログネタに困ったので、先日の映画感想ブログで書いた『サイコ』の98年のリメイク版の感想を今日は書いていきます。…

サイコスリラーの原点とも言われる名作のリメイク版。会社の金を横領したマリオン。ある夜彼女は豪雨に遭い、人里離れた不気味なモーテルへと宿を決める。“「1枚買って、1枚もらえる」キャンペーン第1 … “サスペンスの神様”と呼ばれた映画監督アルフレッド・ヒッチコック(1899年8月13日 - 1980年4月29日、80歳)が監督した作品は全部で67作品。 リメイクに関するのは以下の作品です。 『ケープ・フィアー』(Cape Fear)は、1991年のアメリカ映画。1962年に公開された『恐怖の岬』のリメイクである。憎悪と復讐心を蓄えた服役中の男とその復讐相手である担当弁護士及びその家族を描くサイコスリラー映画。 映画「サイコ(1960年)」のネタバレあらすじ動画をラストまで解説しています。「サイコ(1960年)」のストーリーの結末や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 この映画のジャンルは「サスペンス映画」です。 ゴールデンラズベリー賞の最低リメイク続編賞・最低監督賞・最低助演女優賞(アン・ヘッシュ)の3部門にノミネート、最低リメイク賞・監督賞を受賞しました。でも大好きよ、この映画。本家「サイコ」とは違う見所いっぱいよ。見ていて楽しいわ。 【ストーリー】 ベルギー映画のヒット作『ロフト.』を、オランダでリメイクした5人の男たちが情事のためにシェアしていたロフトルームを舞台に、一つの死体をめぐって互いが互いを疑いだす様を綴ったシチュエーション心理サスペンス。