エクセル 音声入力 数字


キー入力に不慣れな人でも音声入力してからキーボードにより一部修正することで入力を効率化できます。 例えば:通帳へ振込された金額のなかから特定の振込人の金額を集計したい場合、これを選んで読み上げると簡単です。 紙の資料を見ながらExcel(エクセル)で手入力した金額や数量、住所などの確認をしたいとき、意外と知られていない「セルの読み上げ」機能が役立ちます。Excel 2010以降なら標準で使える機能です。
Excel最大の時短術…それは「入力の効率化」と言っても過言ではありません。今回は、資料作成で一番時間を使う「入力」に焦点を当てて、「入力を劇的にスピードアップする時短ワザ」をまとめてご紹介します。これで毎日1時間早く帰れるようになるかも?! 「15」や「312」など、2桁以上の数字を入力した場合は、0の数が調整されて「000015」「000312」のように、必ず合計で6桁の数字が表示されます。

データ入力をしていて一番面倒だと思うのが 入力ミスが無いかチェックをすること。 原稿とExcel画面を交互に見ながら チェックしていくうちにどこまでいったか見失ったり、 交互に見ているので気持ち悪くなったり(笑)。 そんな時は音声で確認! 作品は作った、でも在庫管理の票作るの面倒。 まず商品名全部入力するのが面倒。 そうだ、スマホの音声入力でやってしまおう。 材料にも、棚卸表にも応用出来そうなものを作ってみました。 androidスマホとWindows8.1のパソコン、 あとフリーのソフトを使っています。 データを入力していて、意外と煩わしいのが日本語入力モードの切り替え操作ではないでしょうか。Excelなら、日本語入力モードを固定するとセル単位でも自動的に切り替えることができます! エクセル2013基本講座:Excel2013で読み上げコマンドを使用する ... シート内のデータを音声で再生する機能があります。 ... 数値の入力が正しく行われているのかといったことを確認するには便利かもしれませんが、変な読み方をするケースもありました。 iPhoneでの文字入力と言えばキーボードのフリック入力が有名ですが、実は「音声入力」のほうが速く入力できます。音声+キーボードを使った快適な入力方法を見てみましょう。