アーユル ヴェーダ 季節

アーユルヴェーダにおける「冬」の季節というと、へーマンタ・ルトゥ(12月・1月)とシシーラ・ルトゥ(2月・3月中旬)にあたりますが、「冬」の季節はアーユルヴェーダ的には健康維持を行っていく上で最適な季節であるとされています。 季節は、3つのドーシャに影響を与えます。 チャラカ・サンヒター(アーユルヴェーダの古典)によると、それぞれの季節において、自分にあった食事や習慣をとりいれることは、人を強くするとあります。 アーユルヴェーダでは食事、生活習慣はとても大切です。「季節に応じた食事や生活習慣を知り、それを実践する人は、体力が増し、肌艶がよくなる」といわれています。今回は、アーユルベーダ的暮らし方として、「春の 季節のおすすめアーユルヴェーダレシピ ~春をむかえる軽やかな生活習慣~ 暦の上では立春をむかえる頃ですがまだまだ寒い日が続いています。 それでも晴れた日の日差しの明るさは輝きを増し春が近づいているのを感じます。 アーユルヴェーダでは夏は一年で最も体力も消化力も落ちる季節なので、 ・夏の始まりである梅雨のうちから消化のしやすい食べ物を食べる ・真夏は薬味やスパイス(新生姜・紫蘇・茗荷・山椒など)を活用して消化力を増進 日本の夏はつらいです。 なんとか涼しく過ごしたい。 食事の面で妙案はないものだろうか。 あります! アーユルヴェーダの智恵を活用しましょう。 夏は火の性質が強まる季節です。ただでさえ火の性質が強まる季節に、火の性質が強い食べものを摂ったらどうなるでしょう。 季節のすごし方(冬)リトゥチャリア.

アーユルヴェーダでは、健康を維持するための、季節に応じた食事、生活方法のことを 「リトゥチャリヤ」 といいます。.

世界三大医学の一つとされる「アーユルヴェーダ」。この言葉は聞いたことのある方も多いかもしれませんね。人間が本来、持っている自然のエネルギーのバランスが、心身に影響を及ぼすと考えられており、そのエネルギーに働きかけるのが伝統医学アーユルヴェーダの考え方です。 リトゥチャリヤとは決して難しい習慣ではなく、簡潔にいうと「季節ごとの養生法 … アーユルヴェーダの理論に沿って、健康になるための季節と日常の過ごし方がしっかりと書かれています。 また、アーユルヴェーダ的な生活がしたい人はこの本を手に入れて試してみるのも良いでしょう!