アフターエフェクト 背景 消す

グリーンバックがなくても背景消せるの知ってました? 若干精度は落ちますが、今回はグリーンバック無しでワンクリックで背景を消す神エフェクトを紹介します! ・・・クリックは結構してます。 それではいってみましょう! さて、本日はアフターエフェクトで背景を抜く方法を解説していきたいと思います。 Photoshopを使い慣れている人は、アフターエフェクトには自動選択でぱっと黒や白を抜く方法はないのかと思われる方もいるかもしれません。 さてさて、超初心者にもわかりやすいアフターエフェクトの使い方。今回はグリーバックで撮影した動画素材を、背景を透明にして他の動画や画像と合成する方法です。これまた動画編集においては、非常によく使うアフターエフェクトのテクニックですね。 はじめに(ae初心者あるある)aeのデフォルトでは、書き出しの時にブラックの背景も一緒に書き出されてしまいます。素材を書き出したいから背景は透過させたいと思ったのに、背景もくっついてきちゃったなど、初めての人は困ったりするのではないのでしょ エフェクトが削除されると、「エフェクトコントロールパネル」、「タイムラインパネル」のレイヤーからエフェクトの情報が削除されます。「コンポジションパネル」にもエフェクトの効果がなくなったのが確認できると思います。 黒背景を透過する専用のプラグインを使用して切り抜く方法と既存のエフェクトを使用して切り抜く方法です。 静止画であればPhotoshopやペンツールなどでマスクを作成して切り抜くのも1つの手です。 黒背景を透過させる専用プラグイン「Knoll Unmult」 タイトルには「アフターエフェクト」と記載しましたが、正式には「アフターエフェク ツ 」と呼びます。(エフェクトと呼んでいる人の方が多い気がします。) 「After Effects」はPhotoshopの映像版 カズノコ(@kazunokoblog)です。Adobe After Effects CCで背景を透過させて動画を書き出す方法をみていきたいと思います。 この記事では、下記2点について解説します。