じゃがいも レンジ 爆発


カレーライス、肉じゃがなどに柔らかいじゃがいもが入っているとほっこり幸せな気分になりませんか?じゃがいもを水から茹でると柔らかくなりますが、時間がかかります。今回はレンジを使って時間をかけずに美味しいじゃがいもを作る方法とレンジでできる時短レシピを紹介します。

じゃがいもの周りに水気が少な過ぎると加熱中に水分が足らなくなり「パサパサする」「硬くなる」という原因になってしまいます。. 殻や膜で覆われたものは、温度が上がると中の水分が膨張し、殻や膜が抑えきれずに爆発する危険があります。 卵はこの典型例。電子レンジで卵を調理する際は、専用の調理道具を使うか、割りほぐして膜や殻のない状態にしてからにしましょう。 この他、殻がついたままの銀杏・栗もやめて� じゃがいもに多く含まれているビタミンCやBなどの水溶性ビタミンはお湯などで煮てしまうと、せっかくのビタミンがお湯の中に流れ出てしまいます。 そこで、栄養価を保持しながら調理できる電子レンジは本当に便利な調理器具です。 し・・・ そしてじゃがいもの大きさが違えば、レンジの加熱時間も変わってきますよね。カットの場合でも「同じ大きさに切る」ことがポイントなんです。

ジャガバターの調理に電子レンジを使ったらジャガイモが爆発しました。表面に穴を開けたのになんでなんだろう?誰か原因がわかる人がいれば教えてください。 じゃがいもに、私は、十字に切れ込みをいれレンジ …

じゃがいもの加熱時間の目安は、じゃがいも1個分(約150g)で3分半ほどです。 600wであれば少し短めの約3分 ほど。 ご自宅の電子レンジに根菜加熱機能などがついていれば、その機能で加熱してみてもいいかもしれません。